代表取締役 後藤 カズシゲ
(以下:カズシゲ)
リクルーター 児屋野 圭
(以下:コヤノ)
リクルーター 吉田 汐織
(以下:ヨシダ)

◆トークテーマ①

一緒に働きたい人物像

ヨシダ:新卒採用始まりましたが、いろんな学生に会えるのワクワ
    クしますね。


カズシゲ:せやな~。今の就活ってどんな感じなんやろ。

コヤノ:いろいろな採用手法があって、みんな自分に合った方法を
    試しながら就活しているように感じます。


カズシゲ:なるほどな~。何に対してでもいいけど、「まずやって
     みる・受け入れてみる」。で、そのあと「誰のために・
     何のために」を考えることが大切だよね~。その中で、
     「おかしくない?」「これもっと効率よくできないかな
     ?」という“疑問”や“文句を言う”こともすごく重要で、
     それに関して周りと協力して向き合うという課題解決の
     サイクルを回せるのが理想やな。


ヨシダ:そういうサイクルを回すことにチャレンジし続けた人が、
    今のユメックスで活躍していますね。


カズシゲ:やな。だから、当たり前かもしれないけど、「ありがと
     う・ごめんなさいをちゃんと言える人」と一緒に働きた
     いよな!


コヤノ:当たり前を当たり前にできる人って、なかなかいないです
    もんね。その2つの言葉って、コミュニケーションの基礎
    ですよね。


カズシゲ:せやな。相手を思いやり、反省できる姿勢と、とりあえ
     ずやってみる力がある人が、これからのユメックスをさ
     らに前進させてくれると思うねん。

◆トークテーマ②

ユメックスの将来

コヤノ:ユメックスってどんな感じで前進してくんですかね~?

カズシゲ:創業から変わらず「街」にはこだわっていきたいな。街
     の活性化だったり、その街で働く人を応援したいという
     想いは忘れてはいけないと思うねん。


ヨシダ:まだまだ働きたくても働けないなど、働くことに対してネ
    ックがある人ってたくさんいますよね。


カズシゲ:ほんとになあ。そういう助けを待ってる人がいるってい
     うことは、そこに我々がやっているサービスの意味・価
     値がうまれる。


ヨシダ:待っている人たちのほとんどって、主婦・シニアな気がし
    ます。そして、それって日本の政策と同じ方向性なので、
    もっとユメックスの価値がでてきそう!


コヤノ:楽しみ~!ツナググループに入ったことによって、ほんと
    にいろいろできるようになりましたよね!IT方面にもどん
    どん強くなって、求人マーケットの変化への対応スピード
    もあがってる気がします。


カズシゲ:やろ?かゆい所に手が届くユメックス。めっちゃええや
     ん。今はまだ、首都圏だけだけど、実際はその外側にも
     めっちゃ待ってる人はおる。たとえば、いわゆる田舎に
     住んでいる方々で、就業場所が少なかったり、通勤に時
     間がかかったりして、悩みがたくさんある方々。せやか
     ら、ユメックスの将来は、よりたくさんの「街」の企業
     とお店、そしてそこで働く人たちの背中を押してあげら
     れるっていうような存在になりたいよな!!

◆トークテーマ③

カズシゲが思うユメックスの魅力

カズシゲ:やっぱり「チームユメックス」が1番に浮かぶなあ

ヨシダ:私もです!チームで何かするっていうことに関しては、ほ
    んとに強い!!


コヤノ:営業所で、ゴールデンブランチ賞獲ろう!って決めたとき
    とかほんとに楽しかったよね。
    ※ゴールデンブランチ賞:最優秀営業所賞


ヨシダ:それに向かって、何をするかとか、その進捗を営業所の壁
    に可視化したり、情報共有がバンバン飛び交ってたね。


カズシゲ:めっちゃええやん!!営業所って感じやな。

ヨシダ:でも、営業だけの結果じゃなくて、可視化の掲示物を作っ
    てくれたり、営業に専念できるように業務サポートの向上
    を内勤さんたちが一生懸命やってくれたからなんですよ!


コヤノ:中でも、原稿デザイン集とか、申込書を作っておいてもら
    えるシステムとかめっちゃ嬉しかった。


カズシゲ:せやなあ。直接的ではないけど、本社所属部署のスタッ
     フとかも含め、たくさんの人間がひとつの仕事に関わっ
     てるんだよね。40年間折込チラシだけでやってきたけど
      、時代に応じて変化が必要な部分もある。採用の大きな
     変化に対して、社内の小さなところから変化があるのは
     ほんとに素晴らしい。いま、ユメックスは事業変革期。
     少しずつではあるけどもみんなその変化に対応してくれ
     てるよね。ほんとにチームユメックスやわ。でも、欲を
     言えば、その変化対応力をもっと加速させたい。やから
     、新卒にはその追い風となってほしいなあ。


ヨシダ:ですね。新しい仲間を迎え入れる体制や環境もチームユメ
    ックスにはあるので、学生にはどんどん挑戦してもらいた
    いです!